FC2ブログ
プロフィール

wind

Author:wind
中学3年の長女、中学2年の長男、小学6年の次女、小学3年の次男、そして一つ年上の旦那様。
計6人の成長?日記です。☆☆☆(o^□^o)☆☆☆

水谷先生(夜回り先生)元気にしてるかな。。
今の私がここにこうしていられるのは、先生と知り合えた事、それもかなり大きく影響してる。

もし、講演会に行ったなど、先生の情報お持ちの方がいたら、教えてくださいね(。・ω・)ノ゙

尚、当方のブログにて誹謗中傷やそれを煽るようなコメントと判断された場合、削除させて頂く場合がある事をご了承下さい。



無料で募金できるサイトです。時間がある時ポチッと☆

FC2ブログランキング
ランキングに参加しました。よろしかったら!
FC2カウンター
Blog Pet
ブロとも申請フォーム
この言葉って、今ではわかっていても大事にされてない。

「もったいない」



私は小さい頃、祖母といたせいか、いつも見てきた。

テフロン加工の炊飯器じゃなく、保温も出来なかった炊飯器。

祖母はいつでもそのおこげをお茶で拭い取って茶粥にして食べていた。

「お米は一粒でも無駄にしたらバチがあたる!」そう言われて育った。

だから今でも食べ物を捨てるのは非常に苦手。

これはこだわりすぎかもしれないけど、お味噌汁のお汁さえ捨てるのは嫌だ。

ちゃんとタッパに入れて使うようにする。



何故こんな事を急に感じたのかと言うと。

今日「動物奇想天外SP」があったときのこと。

白熊がセイウチの子供をハンティングする光景があった。

もちろん子供達は「かわいそ~!」と言う。


でも違う。


文化が進んでいる国はどうだろう。

毎日コンビにでは賞味期限切れのお弁当が捨てられ、家庭でも残った物を平気で捨てる所もある。

もしこれが、自分で飼っていた鳥や、豚や、牛をさばいて食べたのならそうするだろうか。

自分たちが食べる事で、そこに死が存在する事に気が付かないのが俗に言う「先進国」の人。

もちろん私もそうだ。
飽食の中、時には食べ物を捨てた事があった。

だから、命を大切にしないから、文明の進んだ国ほど信じられない様な猟奇的な殺人が起こるのではないかと、ふと思ったんだ。

もったいないは決してケチではないんだ。

色んな命をもらって生きてる事。

それをもう一度考えなくてはいけないと思う。

そして、大人が子供達に伝えないといけない事。
スポンサーサイト



コメント

wind : NoTitle

モモさん。
あけましておめでとう♪
貴方も勿体無い組みなのね~!
ヾ(●≧∀)ノ
嬉しく思います。
周りの人に言ってやってください!
windという恐いおばさんに怒られるよー!って。(笑)
今年もよろしくね☆^^

モモ : NoTitle

ご無沙汰してすいませんm(_ _"m)ペコリ

新年あけましておめでとうございます。
今年もヨロシクお願いします!

モモも職場で『もったいない!』を連呼しております(^▽^;)
でも、後輩たちに「せこい!」とか「けちっ!」と言われてます( ̄□||||!!
windさんの記事をみてちょっとホッとしました(^ー^)ノ

wind : NoTitle

さるすべりさん。
あっ、私も似たような事言う事あります!(^0^)
何事も大切にしないと、自分も大切にはしてもらえない事、これからも教えていきたいですね☆

銭湯おやじさん。
少なめに頼む事、素晴らしい事だと思います。
ついつい大目に頼んでしまいがちですものね。
でも、思いの他の子供達の食欲で、食べそびれてしまう事あるんですか?
(●´艸`)
お父さんにも、ちゃんとわけてあげてよ~!

横分けさん。
よーく考えてみると、食べられず捨てられている食品が、元は命のあるものだと想像すると、人間って何て罪深い事してるんでしょうね。
私も含め、気が付いた時、その時からでも実践していきましょう♪^^

豆子さん。
もう少し子供さんが大きくなれば、多く作りすぎても大丈夫!
家の子達は、夕方になると、昨日の残り物ない~??って言いながら、冷蔵庫の中を綺麗さっぱりあさってくれますよ☆(≧∀≦)

PRIさん。
本当に複雑ですね。(^^;)
農家の方も、生活がかかっているのですから。
だからこそ、こんな時国が動いて欲しいものです。
どこかでは餓死するものがいて、どこかでは有り余る食べ物を捨て続ける。
なんとかならないものなんでしょうか。。(><)

PRI :

廃棄野菜のニュースを見ると複雑ですね。
もったいないけど、出荷しても赤字ですからね…。

豆子 : もったいない・・・

賛成です。
台所で つい つい 
もったいない もったいない っと
自分の口の中に入れてます。
ある本で
お母さんは もったいないと
自分の口をごみ箱にしてませんか? っと
書いてありました。(太る要因)
捨てる事をしないように 
食べきれる量 
料理する事が私の課題です。 i-229

横分け : こんばんは

わたしもその番組見てました。
ちなみにうちの嫁も「かわいそう」って言ってました。
でもそれが自然の摂理。だからかわいそうとは、私はおもわない。ただ思うことは動物は自分食べる量しか狩りをしませんが、人間は必要以上に狩りをします。
そう考えると私だけでも「もったいない」を実践しなければならないことを改めて実感しました。。

銭湯おやじ : NoTitle

windさん、こんばんは(^^)

確かに食べ物を粗末にすると目がつぶれると、私も子供の
頃から言われてきましたね。
私が子供の頃は、食事の時は、ちゃぶ台に正座して食べて
残したり、ふざけたりすると、よく、箸で手を叩かれました。
おかげで、食べ物を粗末にすることはありませんね。
家族で外食する時も、自分の分はもちろん、子供の残した
ものも含めて、全て完食しますよ。
なので、いつも腹6分目くらいを目安に頼むのですが、
最近は、子供たちもよく食べるので、あてが外れることも
ありますね~。(^^;

さるすべり : こんにちは。

「ごはんを残していると、食べられなくなってしまうよ」
と、子ザルにはいつも言っています。
食べられなくなる、とは、「食べるお金がなくなる」
あるいは
「(健康を害して)食べられない身体になってしまう」
という意味なのですが、これって何にでも当てはまりますね~
お金とか、友達もそうです。大切にしないとけないですね^^

wind : NoTitle

Tom_ys さん。
よくわかります。貴方の気持。
今の私たちの生活は、心の贅沢は出来ていないのですから。(^^)
希望や夢がもてない事が心にとっていかに「飢え」となって襲ってくるか。。
こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね☆

のんさん。
そうですね。世の中のしくみ、流れそのものがおかしいのですよね。
国単位で考えていかないと、個人ではどうしようもない事も多い事にじれんまを感じることも。
まずは私達が忘れないようにする事からでしょうね。(^^)

あっ、それとお邪魔しようとしたら、伺えなくなっているようで、折角来て頂いているのに失礼しています。
ちょくちょく覗いてみますね!

ぽんた3号さん。
そういう私も、冷蔵庫の奥から。。
な~んてことも(;´Д`A ```
私も充分気をつけていかないと!
ぽんたさんの身体は、ひとえにご両親の愛情の証なのですね~♪
(●´艸`)

ダブちゃさん。
親が子供の目の前で、平気で残った物を捨てたりする光景を見たりすると、悲しくなりますね。
。:゚(。ノω\。)゚・。
文明は、他の命の上で生かされている事をかきけしてしまうのでしょうか?
自分自身、いつも忘れないよう心がけていきたいです。

ぽんた3号さん。
こちらこそ、よろしくお願いしますね♪
早速貼らせて頂きます。(^0^)

リズさん。
訪問ありがとうございます!
とっても嬉しいです☆(≧∀≦)
この地球の上では、有り余る食糧の中で暮らしているのはほんの一握りなのかもしれませんね。
でも、生活の中ではほんと、感じられない。
私も常に意識の中にそれを置いておきたいと思います。
これからもよろしくお願いします☆

たまの猫さん。
そのアイデアとっても良いですね!
何でお国や企業のお偉いさんは、そういうことには奥手なのでしょう。(--;)
ココも、大人が変わらなければ、子供がそう育つわけが無いのですから!
たまの猫さんが立候補してくれたら、大応援団用意するのにな~(笑)

3Bbakuさん。
確かに機械も性能が良くなり、収穫量も激増した事でしょうね。(^^ )
只、だからといって捨てて良い事にはなりませんもの。
実際、飢えている人達との格差も大変なもの。
windは、堂々と時代遅れのお年寄りにでもなんでもなりますよ~♪(●^皿^●)

みぃこさん。
早速の訪問ありがとうございます☆^^
「勿体無い」といってくださる方がまだまだいるんだと思うと、すごくホッとします。
これからもよろしくお願いしますね♪

sachikoさん。
あなたも見ていたのですね!
ああいう番組を見るたびに、人間の傲慢さに悲しくもなり、反省もさせられます。
まずはそれぞれの親が、自分の子供達に伝え、教える事大事だと思います。
そして、日々の中で何が出来るかを、一緒に考えていく事も。(^^)

ベルニナさん。
すばらしい家庭で育たれたのですね!
(●´艸`)
豊作になると野菜を廃棄する現実は本当に胸が痛みます。
ああいうものこそ、政府が救済して、足りない所にホローする事できないのでしょうか。。。
と、私もそんな事を考えつつ、やはりこの一杯に感謝です~♪v-275

ベルニナ : NoTitle

こんにちは。
僕も食べ物を粗末にすると鉄拳が飛んでくる家(苦笑)で育ちましたので、今もご飯を残すのが苦手です(^^;)
なんせ、両親ともに戦中戦後の食糧難の時代を生き抜いた世代ですから。
先日もテレビでキャベツを潰しているのを見て心が痛みました。
いくら出荷すると赤字になるからといっても、あれは食べ物に不自由したことのない人の行為なのでしょう。
食べ物、もっと大切にしなくっちゃ。
そのためにできることから始めようと考えつつ、
今日もこの一杯に感謝!v-275

sachiko.t : こんにちは♪

 本当にその通りですよね。私もその番組を子供たちと観ていて、話し合いました。
 人間は命をいただいて生きていること。だからどんなものにも感謝しなければいけないこと。人間が自然世界を壊してしまっていること、また、人間は命をもらっているのに自然にお返しは出来ていないという現実まで話しました。
 もったいないという精神は、どんなことにも通じて、お金だけでなく自然に対してや、環境に対しても、もったいないと言えなくてはいけないですよね。
 今の子供たちには、なかなか本質的に理解が出来ないものかもしれませんが、私もwindさんのようにいい続けていきたいですね。
 食べ物も、資源も、自然も、どんなものももったいないですよね。。。

みぃこ : NoTitle

はじめまして。
先ほどは「風花日記」にコメントをありがとうございます。

ほんとにそうですね、勿体無いと思うこととけちとは違いますしね。
私もつい勿体無いと言ってしまうほうなのですが。。。

時々お邪魔させていただきますね。

3Bbaku : 時代の・・・

流れって言うのは、早いですよね ( ̄□ ̄;)
その昔、「お米は一粒でも無駄にしたらバチがあたる!」
って言われていたのは、お米はお百姓さんが
一粒一粒心を込めて育てて摘んだ物なので、
一粒でも無駄にするとそのお百姓さんに申し訳ない
と言うところから、そう言われてきたのですが、
現在では殆ど機械で作業を行いますので、
一粒を無駄にしてもその一粒を摘むのにお百姓さんは
全く苦労していませんので、バチが当たるなんて言うと
『何故?』なんて答えが返ってきても不思議では
有りませんよね (≧m≦)ぷっ!
逆に今の時代でそんな事を言うと、
時代についていけないお年寄りだと思われちゃうかも
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ

たまの猫 : おじゃまします。

食べ物を捨てる行為に罪悪感が無くなっちゃ
お終いですね。
Windさんの行為は当たり前な事なのに、
何でそれが出来ない世の中になっちゃったんでしょうね。
やっぱご家庭や学校で自分の口に入るまでの
過程をみっちり教えないといけんですね。
綺麗なとこだけ見せて終わりじゃ
命の大切さもわかりゃしません。

コンビニなんかで空くと見栄えが悪いって言うなら
日本が誇るサンプル食品を並べるとか、どうやったら
捨てるのを少なくするか知恵を出してもらいたいですね。
それに捨てるのが少なくなれば自給率も高くなるし
一石二鳥ですよ。

日本にはいただきますっていい言葉があります。
あなたの命をありがたくいただきますって感謝するように
子どもたちにはまずそこから教えたいもんです。

リズNoTitle

はじめまして☆
記事を読んで「本当にそうそう!」と思わずうなずいてしまいました。
 私達の生活はあまりにも命からも死からも離れすぎているのですね。育てる苦労も作る苦労も知らないまま、次から次へとあふれ出てくるモノを処理するだけで精一杯。
 食事さえも、「何のために食べているのかもわからない」人たちも多いですね。
 私ももう一度、考えてみたいと思います。

ぽんた3号 : よろしくお願いします。

windさんのブログをリンクさせていただきました。m(__)m
ご都合が悪いようでしたらお知らせ下さい。
これからもいっぱい遊びに来ちゃいますので、あらためてよろしくお願いします。(*^_^*)

ダブちゃ : NoTitle

そのとおり!!!!!
人は生きるために大量に殺しているのを忘れています!
殺すという行為から遠ざかっているために、自分が生きていくうえでどれだけのものを犠牲にしているかを忘れ、傲慢になっている!!
私も常々そう感じていました。
昔は「お米を一粒無駄にしたら目が潰れる」
って言いましたよね?
お米一粒の為に、どれだけ多くの苦労が費やされているかとか、お米だって生きていたものだということを忘れているんでしょうか?
最近は聞きませんよね?

ぽんた3号 : ありがとうの気持ち。

自然界の弱肉強食は、食物連鎖の中でとても重要な命のこと。
残酷であっても知っていてほしいことです。
人間と違って無用な殺生はしないと言うことも含めて。
自然のものは死しても自然に帰って還元されると言うことも。

一粒の米にも万人の労苦を思い、一滴の水にも天地の恵みを感ずる。
そうありたいと思っているのに・・・冷蔵庫の中には中途半端な残り物がいっぱい。もぉダメダメです。(・_・、)

親と離れて暮らすようになった若い頃、実家に帰ると父親も母親もそれぞれが食べ物をを次から次と出してくれた。
久々に逢う我が子への思いだろうが、一人じゃ食べ切れんって。
と心でつぶやくのだが二人競うように出してくる。
(^^ゞ 途中、いいかげん苦しいのだが二人の気持ちが嬉しくっていつも完食。
・・・その頃の癖なのか、その頃培われた感謝の心なのか、いまだに出された食べ物は完食が基本。(アレルギーの出るものだけは遠慮させてもらうけど)
「もったいないから食べちゃうよ!」が口癖。
そんなこんなで、この数十年で蓄えられた脂肪は飽食の時代の産物です。(хх,)

のん : NoTitle

ついつい私もそれを忘れてる時がありますね...
また、いつの間にか利益の方が優先され、食べ物を粗末にしてしまってる現実もあると思います。
コンビニで賞味期限切れのお弁当が捨てられるのは、ホントは売れ残るくらいならそんなに仕入れたくないと考えている小売店でも、元の仕入れ先から「これだけ売れ!!売らなきゃオマエのとこにはもう仕入れ分を売ってやらない!!」なんて圧力がかかってるからですよね。
そういう世の中のしくみも、或いは改善していかなきゃいけないんじゃないかって思います。

Tom_ys : NoTitle

あけましておめでとうございます。
昨年はいつも温かいコメントをありがとうございました。
「もしも世界が100人の・・・」ではないですが、時折後進国の貧しいゴミを漁って生計を立てている国の人々をうらやましく思う事があります。
もちろん贅沢な願いであることはわかっています。
しかし、日々の食事に恵まれるよりも、“生きる”ことへの希望を持つことのできない日常が辛くなるからです。

あなたのコメントには、いつも本当に救われる事が多いです。ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

今の自分にできること

最近、海洋資源枯渇のために、「くろマグロの漁獲量の削減」のニュースをよく耳にする。日本国内の需要増に加えて、中国やアメリカをはじめ世界中の日本食ブームがさらに拍車をかけて、需要が拡大している

フリーエリア
天気予報

-天気予報コム- -FC2-